2008年09月26日

コンポジション−1

machi-k084.jpg

必要によって生み出された、壁や戸が、その色も含めて
モダンなバランスを見せてくれる時があります。
つい、感心して撮ってしまいます。
posted by 瑠璃風 at 10:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ギャラリー
この記事へのコメント
なるほど、専門家というものは、こんなところにも「アート」を見出すのですね。
Posted by Nianto-6 at 2008年09月27日 21:43
まあ!(^.^)
なんだか淋しいだけみたい、と言う感じもあるかもしれませんが..私好みの色合いということもあります。Nianto-6さんにいつかいただいた写真のいくつかだって、素晴らしくって、悔しい思いのしたのがあります。よろしければ載せていただきたい位。
Posted by 瑠璃風 at 2008年09月27日 21:59
今回もまさに渋い色面構成ですね。雑多の中から美しかったりユニークな場面を切り取ることができる審美眼にはいつも感心しています。いつでもどこでもぼーとしていては人生もったいないですよね。わたしも楽しみながら見習います。
Posted by doni正子 at 2008年09月28日 12:16
素敵なギャラリーのオーナーさんに、こんな風に言っていただけて、光栄です。
実は、ぼーっとしていることにかけては、誰にも負けない私(-_-;)
ぼーっとしながら歩いているので変なものにばかり捉われるとも...(^.^)
Posted by 瑠璃風 at 2008年09月28日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20044778
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック